DARTSLIVE GROUP

インタビュー

事業企画 西尾 尚浩 Naohiro Nishio

「自製」と「自省」。
その積み重ねが組織として、会社として の強さに繋がると感じています。
  • Qダーツライブ社に入社を決めた理由は?

    A

    前職である監査法人での業務と転職活動を通し、様々な会社を見てきて、ダーツライブは成長をしつつ発展途上の会社だと思いました。そのため、この会社であれば自らの力を発揮しつつ、自らの成長にも繋がると考えてダーツライブへの入社を決定しました。

  • Qダーツライブらしさとは?

    A

    「自製」と「自省」です。
    何かを始める際には、まず自製することを想定して物事をすすめていきます。その分、何事もスタート時点では穴が多いことも事実ですが、問題には真正面から突き当たりますし、その解決も自らで実行するため、何が問題点だったかということを肌で感じて自省することも多いです。その積み重ねが組織として、会社としての強さに繋がると感じています。

  • Q学生時代はどのように過ごしていましたか?

    A

    あまり学校には行かず、アルバイトと遊びばかりに熱中していました。アルバイトは塾講師、テレビ局、市場、森林調査といろいろやりました。
    学校には祭りのとき積極的に顔を出して、騒がしいやつだったと思います。

  • Q事業企画とはどんな仕事?

    A

    会社の予算を作成し、その進捗、達成度を量る部門です。
    ただ、現在も成長中の会社ですので、予算を作る際には、進出国・業態が多様でプロジェクト数が多く、予算を作る前のシミュレーションを繰り返し作成することが多いです。ただし、それを通して始まる前の事業の中身を知ることができるため、それに対するビジネスモデルやリスクの提案も大事な業務の一つです。
    今後は事業単位でデザインをしていくのみならず、グローバルで見た時の会社体としての在り方を提案していくような業務に従事していければと考えています。

  • Q応募される方々へ一言

    A

    事業の面からみても、十分にうまくいっている事業がある中で、海外進出を含めどんどん新しいものを生み出していこうという時期にダーツライブグループは突入しています。そのため「処理・効率化」が得意な人、「創造・実行」が得意な人の両方に自分を生かせる状況があります。
    これらを、実行を伴って成長していこうという人を募集しています。ぜひとも更なる刺激を私たちに与えてください。

>
© DARTSLIVE Co., Ltd.

ホームページに掲載する一切の文章・図版・写真等を、手段や形態を問わず複製、転載することを禁じます。
The copyrighted works contained in this information service shall not be copied, reproduced, varied, altered, modified, adapted, distributed, performed and displayed in any form without the written permission of the copyright owner.