シンプルに迷わず持てるグリップを – 村松治樹

シンプルに迷わず持てるグリップを – 村松治樹

2017年度 村松治樹選手のスローイングをチェック

何も考えず毎回同じように持てる自然なグリップを目指そう

「理論上は1ラウンドで3回同じことをすれば、3本とも同じところに飛んでいくことになるので、つねに同じグリップを意識することが大切です。だからこそ頭で考えながら作ったグリップではなく、ダーツを自然に持てるグリップがいいと思います」とグリップについて話すのは、村松治樹選手。

グリップとはいわばダーツの持ち方。どの指を使うのか、どの角度で持つのか。ダーツをプレーし始めると、誰しもそんな悩みを抱えることになるだろう。
「グリップには『これが正解』と言えるものはありません。シンプルに自分が迷わず持てるもの。それだけでいいと思います。トッププレーヤーのなかでさえも、強く握り込む人や落ちそうなぐらいソフトに持つ人など、千差万別です。なかなか自分に合うグリップが見つからないときは、まずはペンを持つときと同じ持ち方でスタートし、徐々に調整していくといいですよ」

 

村松選手流のグリップをチェック

「今までは人差し指と親指の2本で持って、残りの指は補助として使っていました。でも最近は、親指と人差し指、中指の3点でグリップするように意識しています。ぱっと見は2本でグリップしているように見えますが、人差し指と中指の間に親指があるような形になっています。今のグリップに変化した理由も特になく、単純に今はこのグリップが投げやすいから。来週には変わっているかも知れません(笑)。そのぐらい変わるのが普通なんです。皆さんもいろいろ試しながら、グリップを探求すること自体を楽しんでください」

 

村松治樹 DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

ソフトダーツのみならず、ハードダーツでも日本を代表するプレイヤーのひとりとして国内外で活躍。海外のメディアでは“日本のエース”と紹介される実力派である。