自分の身体に無理なく投げられるスタンスを- 星野理絵

自分の身体に無理なく投げられるスタンスを- 星野理絵

2017年度 星野理絵選手のスローイングをチェック

ターゲットに対して真っすぐ、投げやすい位置から投げよう

  スローラインを超えない限り、自分の好きなところから投げて良いのがソフトダーツのルール。とはいえ、どの位置に、どの角度で足を置くのがいいのか悩んでしまう人も少なくないのでは。
「スローラインのどこに足を置くのかは人それぞれ。立つ位置によって同じターゲットを狙うにしても、見え方が違ってくるので、自分がもっとも狙いやすい位置を探すといいと思います。また、ターゲットの正面に立つのと左右にずれて立つのとでは、わずかに投げる距離が変わるので、私の場合は最短距離で投げられる正面に立つことを意識していますね」
そう立ち位置についてアドバイスするのは、星野理絵選手。まずは何よりも狙いやすさと投げやすさが大切という。
「足の角度もターゲットに対して足先が正面を向くオープンスタンスや、側面を向くクローズスタンスなどがありますが、これも投げやすさで決めるのが一番です。人によって体格や骨格、体の柔軟性も異なるので、自分の身体に無理なく投げられるスタンスを選んでください」

 

同じ位置から投げることが上達の近道

 「毎回同じ位置から投げて反復練習をすることで、同じ動きができるようになり、その結果、ターゲットに入れられる精度も上がると私は考えています。もちろん、狙うターゲットに合わせて立ち位置を変えるのもいいと思います。どこを狙うにしても、同じように投げられることが大事なんです」
確かに毎回立つ位置が変わってしまっては、いくら毎回同じように投げられたとしてもダーツの到達地点は変わってしまう。そうならないためにも、星野選手自身、同じ位置に立つための工夫を凝らしているそう。
「私はターゲットから真っすぐ線を引いてくることをイメージし、その線とスローラインが交わったところに体の一部分を合わせる感じで立つようにしています。たとえば足のつま先をそこに置くようにとか、右肩がそこに来るようにとか。『こういう風に見える場所』というように視覚的な面から決めることもありますね」
自分流のセオリーさえ決めてしまえば、あとはそれを体に染み込ませることが大切。
「慣れてくると、ターゲットを見ながらスローラインに立つだけで自然と理想とする位置に立てるようになるはずです。自分が投げやすい位置やスタンスを見つけたら、あとは練習あるのみ。たくさんダーツを投げて、しっかり身につけてください」

星野理絵 DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

人気と実力を兼ね揃えた女性プレイヤー。日本女子ダーツ界の広告塔的な存在で、長年、ソフトダーツの普及にも貢献している。