スキルアップにつながる安定したテイクバック- 佐々木沙綾香

スキルアップにつながる安定したテイクバック- 佐々木沙綾香

2017年度 佐々木沙綾香選手のスローイングをチェック

理想的なテイクバック位置の見つけ方

「より安定した成績を残すのに重要なのは、毎回同じようにテイクバックをすること。そのためにも、まずは自分に合ったテイクバックの位置を見つけてください」と、テイクバックの大切さを話すのは佐々木沙綾香選手。

テイクバックとは、ダーツを投げる際に構えた状態からいったん腕を引く動作で、思い切り引く人や、ほんのわずかにしか引かない人など、腕の引き具合や引く方向は実にさまざまだ。では、自分に合うテイクバックの位置とはどこなのだろうか。
「普段練習をする際に、いろいろなナンバーを狙うのではなく、ブルだけを狙って投げ続けるんです。そのなかで自分がもっとも楽に投げることができ、さらにダーツのブレが少ない位置を探すといいですよ。最近は、携帯でスロー動画再生もできるので、撮影して記録に残しておくのもおすすめです」

 

自分流の“決めごと”がポイント

自分に合ったテイクバックの位置をしっかり身につけるためには、自分流の“決めごと”が大切だと佐々木選手はアドバイスする。

「フライトが肩に当たる位置、チップの先が視界の特定の位置に来たときなど、自分流の“決めごと”をすることで再現性がアップするはずです。私の場合、利き目が右目なんですが、その右目とターゲットの間を邪魔しないように引いてくることを“決めごと”としています」
ずいぶんとアバウトな“決めごと”にも感じるが、意識しすぎないこともポイントだという。
「ビギナーの方で失敗しやすいのが、テイクバックの位置を意識しすぎること。そこに引いてくることだけを考えてしまい、本来のターゲットに向かって投げるという意識が薄れてしまっては本末転倒です。一度自分に合った位置を見つけたら、あとは繰り返し練習。意識しなくても自然とその位置に引いてこれるように体に染み込ませることを忘れないでください。また、どうしても自分に合う位置が見つけられないこともあると思います。そのときは、スタンスや投げ方を変えてみると、意外にもすんなり見つかることもありますよ。悩んだときは試してみてはいかがでしょう」

 

佐々木紗綾香 DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

華やかなルックスと明るい性格、そして勝負強さで多くのファンに支持される女性プレイヤー。ソフトダーツを、よりエンターテイメント性の高いスポーツに発展させるべく力を注ぐ。