スキルアップに繋がるフォームの作り方- 江口祐司

スキルアップに繋がるフォームの作り方- 江口祐司

2017年度 江口祐司選手のスローイングをチェック

理想的なフォームは形ではなく感覚!

「単にパフォーマンスが低下するだけではなく、自分に合わない姿勢で投げ続けていると身体に負担がかかってきます。それが積み重なった結果、思うような動作ができずイップスになったり、ケガの原因となることもあるんです」
自信の経験も踏まえたうえで、“自分に合ったフォーム”の大切さを話すのは江口祐司選手。
「ビギナーのなかには、必要以上に形に拘ってフォームを作ろうとする人もすくないと思います。でも重要なのは、形ではなく感覚です。何よりも自分の感覚で気持ち良く投げられるフォームを目指すことが第一ですね。その第一歩として僕が重視しているのが、真っすぐ立ってターゲットを見ること。これはセットアップのときではなく、スローラインに入る前の動作のことです。自分がどこにダーツを入れたいのか。ダーツ本来の目標をしっかり頭に刷り込ませるんです」
そのうえで自分がもっとも投げやすいフォームで投げるのが江口選手流のフォーム。
「憧れの選手のフォームを真似するのも良いことだとは思います。それが自分にとって合っているか否かは、しばらく投げ込まないとわかりませんからね。あとはそこから、どう自分のフォームにするかが重要なんです」

鏡の前の素振りで、自分に合ったフォームが見えてくる!

「なかなかフォームが安定しないという人は、恐らく自分自身に目を向けていないのではないでしょうか。自分がどのような投げ方をしていて、どんな特徴やクセがあるのか。そこを理解することで、自分に合ったフォームを見つけることができるはずです。オススメの練習方法は、全身が映る鏡の前での素振り。家でも手軽にできるので試してみてください」
さらに身につけたフォームを実戦で活かす術も江口選手は語る。
「試合で僕が大切にしていることがルーティン。スローラインに入る前から投げた後まで、自分流のルーティンを作り、同じ行動を繰り返すようにしています。もちろん、声援にガッツポーズで応えたりすることもありますが、基本は身体に染みついたルーティンを守るようにしていますね。どんな状況でも“頭は冷静に心は熱く”淡々と自分のすべきことをこなすことで、フォームを崩さずに投げ続けることができるはずです」

 

江口祐司 DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

ソフトダーツ最高峰の舞台「SUPER DARTS」での優勝をはじめ、数々のビッグトーナメントで輝かしい戦績を残してきた人気・実力・実績を兼ね揃えたプレイヤー。世界各国の強豪ひしめく「THE WORLD」においても、2012年から5年連続で年間ポイントランキングTOP10入りを果たしている。