上達の鍵を握るリリースポイントの極め方- 安食賢一

上達の鍵を握るリリースポイントの極め方- 安食賢一

2017年度 安食賢一選手のスローイングをチェック

自分流のタイミングとリズムが大事!

リリースポイントとは、スローイングにおいてダーツを手から離す位置を意味する。安食賢一選手は、このリリースポイントにこそ、上達のポイントが隠されているという。
「ダーツをはじめたころから、リリースポイントを極めることが上達の鍵だと思っていたんです。つねに自分の投げ方に合ったリリースポイントで手離すことができれば、安定したプレイができますよね。とはいえ、自分に合ったポイントはなかなか見つからないもの。焦らず、いろいろ試してみるといいですよ。『肘の上に手が来たとき』や『その手前で離す』など、自分なりのタイミングを決めるのもいいと思います」
そう話す安食選手も、実際に自分なりのタイミングを決めて投げているそう。
「昔は、なるべくボードに近い場所で離したかったので腕が伸びきる手前でリリースしていたのですが、いまは手が肘の上を通過する前に離すことを意識しています。それに加え、頭の中でカウントを数えているんです。『1・2・3』とか『1・2・・・3』とか。自分なりのリズムでカウントして『3』で離すことを意識すると、毎回リリースポイントが安定するんですよ。これも、ぜひ試していただきたいですね」

 

リリース時は指や手首の力にも注意!

「リリース位置は安定しているのに、なかなかダーツの精度が上がらないという人は、指や手首の力を必要以上に使っている可能性もあります。つねに同じテンションでダーツを手から離すこと。これもまた、リリース時に気をつけたいポイントのひとつです。実際のところ、僕もダーツを離したときに手首が返るときと返らないときがあり、プレイが不安定になることがあるんです。そのため最近は、リリースポイントを早めにすることで、手首のミスがダーツに伝わる前に手を離す方法をとっています。そんな観点から、自分に合ったリリースポイントを探ってみるのもいいと思いますよ」

 

安食賢一 DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

国内屈指のキャリアに加え華のあるプレイで人気を誇るベテランプレイヤー。日本ダーツ界を牽引し続ける重要人物のひとりである。