上達に欠かせないグルーピングを意識しよう – 野毛駿平

上達に欠かせないグルーピングを意識しよう – 野毛駿平

2017年度 野毛駿平選手のスローイングをチェック

『BIG BULL』でグルーピング精度を上げよう

グルーピングとは、同じターゲットを狙って投げたときのダーツ3本の “集まり具合”のこと。ダーツの上達を目指すのであれば、このグルーピングを意識した練習は欠かせない。
「3本の距離が近いということは、それだけスローイングの精度が高いことを意味し、同時にフォームが安定している裏付けとなります。最初は3本が四方八方に飛んでしまっていても、練習を重ねるうちにバラける範囲は狭まってくるもの。大事なのは日々の積み重ねですね」
そう話すのは、練習熱心で知られる野毛駿平選手。ビギナーには、DARTSLIVE2のPARTYゲーム『BIG BULL』を使った練習が良いそうだ。
「グルーピングの精度を上げるためには、まずはターゲットを大きく見ることがポイントです。狭い場所を狙うよりも力まず、楽に狙えますからね。そういった意味からも、トリプルの内側がすべてBULLになる『BIG BULL』がオススメなんです。まずはこのゲームで練習しつつ、フォームを安定させることが第一ですね」

 

練習で重要なのは「集める」ではなく「狙う」こと

「リズムだったり、リリースのタイミングだったり、グルーピングの結果を見れば調子の良し悪しがすぐに分かります。縦ズレや横ズレなど、外れ方の傾向を知ることもできるんです。だからこそ、普段からグルーピングを意識し、自分の平均的なダーツの集まり具合を知っておくことが大切なんです」
グルーピングの重要性を語る一方で、野毛選手は、初心者にありがちな勘違いに注意を促す。
「確かに3本のダーツがまとまった方がいいのですが、練習で大切なのは、ダーツを近距離に集めることではなく、一本一本、しっかりターゲットを狙って投げることです。ダーツは狙ったところにダーツを入れる競技。そこを疎かにしては上達はあり得ません。結果としてグルーピングを意識することは大切ですが、スローイング時はあくまで狙った場所に入れることに集中。フォームやリズム、ダーツの飛びを重視して投げ込んでください」

 

野毛駿平 DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

ユース時代から注目をされ続け、プロツアーJAPAN 2017シーズンでは年間ランキング7位となる。安定感のあるトッププレイヤーのひとり。