クリケットで「狙える」フォームを身につける – ポール・リム

クリケットで「狙える」フォームを身につける – ポール・リム

構えてから投げ終えるまでターゲットを見続ける!

 「狙うとはフォーカス、すなわち焦点を絞ることだ」とポール・リムは言う。
「トリプルだけ」「インブルだけ」など、入れようとするエリアだけをじっと見ることが、「狙う」ということである。

 「私は、セットアップするときに手元を一度見た後は、ずっとターゲットを見続ける。良いダーツプレイヤーは、100%そうしているものだよ」
さらに、目だけでなく頭の中も、そこだけに焦点を合わせることが必要だと語る。
「はずすときは、ターゲットを見ていたとしても、頭の中で違うことを考えているんだ。
そうすると集中力もなくなるし、目の焦点もずれてしまうからね」

 そうして狙うということを理解し、基本のフォームを身につけて狙ったところへ投げることができるようになれば、ボード上のどこでも狙って入れることができるようになるとポールは言う。
「例えば、ブルを狙って打てるようになったのなら、他のナンバーも絶対に狙える。
ブルは狙えるけど他のナンバーは上手く狙えないというのは、思い込みの問題だね。ポジショニングの違いだけで、やっていることはまったく同じなんだから」

繰り返しの練習が狙う自信につながる

 とは言え、うまく狙えないこともある。それは主に自信のなさが問題なようだ。

 「打てると思わないと打てないから、自信を持つのが大切だ。そして、自信を持つためには、練習すること。僕だって1を練習することもあるんだよ。そこを打つことが必要なときがあるからね。上手くなりないなら犠牲を払わなければならない。練習する時間という犠牲をね。例えば、20が苦手だったら、20に千本投げる。千本投げたら絶対に打てると思うようになるよ」

ポール・リム DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

アジアでは断トツのキャリアを誇るシンガポールの大ベテランプレイヤー。60代の高齢ながら、世界一のプレイヤーを決定するSUPER DARTS 2015では、並みいる強豪を抑え優勝という快挙を成し遂げた。


DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

実力・人気・品性を兼ね揃え、ダーツ文化の発展に貢献します。


クリケットで「狙える」フォームを身につける – ポール・リム

狙ったところに入れるために大切なのは? 世界チャンピオンのフォームに学ぶべし!


ポール・リムのミラクルレーティングアップ!

生けるアジアの伝説とも言われ、数々のタイトルを獲得してきたポール・リム。キャリア30年以上の大ベテランがレーティングアップのコツを大公開!


こんなことができちゃうの!? ダーツのスゴ技紹介!

ダーツを極めるとこんなスゴいことができるかも!? なミラクル技を動画でご紹介します♪


スローイング動画 – DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER –

これさえ見れば誰でもスキルアップ間違いなし? DARTSLIVE OFFICIAL PLAYERたちのスローイング動画を一挙大公開