エレクトロニックダーツ

コインを入れて遊べるダーツ。ダーツバーや漫画喫茶、ゲームセンターなどに設置されている。投げると自動的にスコアを計算してくれるので手軽に遊べるぞ! ゲーム結果をネットワークで集計! スマホやPCでいつでもチェックできて便利です♪

ダーツ

ダーツの矢は3本で1セット。エレクトロニックダーツは使用するのは先端がプラスティックの「ソフトチップダーツ」。
お店に置いてある「ハウスダーツ」を使うことができます。また、なれてくれば安定して投げることができる自分専用の「マイダーツ」を持つのがオススメ!

ハウスダーツ

ハウスダーツ

お店で貸し出してくれるダーツ。手軽に投げられるのがメリット。軽く安定感は低い。

マイダーツ

Harrows ASSASSIN 85% TUNGSTEN タイプ18gR StyleA

自分専用のダーツ。さまざまな形状や素材のものがある。重量感があり、安定して投げられる。

ダーツグッズについて詳しくはこちらお気に入りのパーツを組み合わせて、自分にあったマイダーツをつくろう!

DARTSLIVEカード

DARTSLIVEカード

DARTSLIVEに入れてプレイすれば、ゲーム画面に名前を表示したりゲーム結果を記録したりできます。カードデザインもいろいろあり、ダーツバーやダーツショップで購入できます。ダーツ専門のネットショップを利用しても良いでしょう。

ダーツの歴史

ダーツの起源 ~ダーツは樽めがけて矢を放つ遊びだった?~

一説によると、百年戦争(14~15世紀)中、兵士たちがワイン樽に矢を投げ遊んだことが、ダーツの起源といわれています。19世紀になると、英国人により、的の点数区分が考案され、今のボードの原型ができ上がります。屋内で楽しむスポーツとして広まり、1970年代後半以降、国際スポーツへと発展していきます。1980年代に、アメリカで自動計算機能を持ったソフトダーツが誕生。以後ダーツは「ソフトダーツ」と「ハードダーツ」に分かれます。現在は、プロや上級者だけなく、年齢や体力に関係なく楽しめる奥深いスポーツとして、世界中の人々に遊ばれています。

© DARTSLIVE Co., Ltd.