GOOD DARTS

野毛駿平

投げたダーツが刺さらない初心者へ。- 野毛駿平

ダーツを初めて投げる人にとって最初のハードルは、ダーツが「刺さらない」ことが多い。ダーツを楽しむために、まずは投げたダーツがボードに刺さるようになろう。

野毛駿平

 初めてダーツを体験する人には、「まずダーツが刺さるようになること」をアドバイスすると、野毛駿平選手は言う。
「まず投げてもらいますね。そのとき、ダーツがボードに届くけど、刺さらない場合があります」

刺さらない場合は、刺さる距離で投げる

刺さる距離から投げ始めてだんだん後ろに!

 「刺さらない場合、刺さる距離まで前に出てもらいます。刺さったら、ちょっとずつ後ろに下がっていく。だんだん後ろに下がり、ダーツを飛ばす感覚を身に付けてもらいます。特に女の人は何かを投げる経験が少ないので、はじめダーツが刺さらない人が多い。この方法は女の人にオススメかもしれませんね」と野毛選手は言う。

刺さる場合は腕の力だけで投げる

NG!

 「そして刺さる初心者でよくあるパターンが、身体全体で力いっぱい投げるタイプ。つんのめりながら投げる感じです。狙うこと入れることに必死になってるからだと思います」
無駄な力が入ることで狙いが定まりにくい、と指摘する。
「この場合は、身体全体が動いていることを自覚させれば良いんですが、それがなかなか難しいんです。僕の場合、腕の力だけで投げるように意識するようにアドバイスしてます。あとは身体を動かさないように、誰かに抑えてもらうのも良いかもしれません」

PROFILE プロフィール

野毛駿平

DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER 野毛駿平

ユース時代から注目され続け、昨年度プロツアーの年間ランキング1位となる。次世代を担うことを期待される若手プレイヤーである。

DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER実力・人気・品性を兼ね揃え、ダーツ文化の発展に貢献します。

スローイング動画 - DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER -これさえ見れば誰でもスキルアップ間違いなし? DARTSLIVE OFFICIAL PLAYERたちのスローイング動画を一挙大公開

ダーツのコツ TOP

© DARTSLIVE Co., Ltd.