GOOD DARTS

江口祐司

“軸”意識でぶれないスロー!- 江口祐司

安定したスローでブルを獲る!“まっすぐ”感を身につけて、ぶれないスローでしっかりダーツに力を伝えよう!

意識せず、できるまで繰り返し練習を

江口祐司

 ソフトダーツを楽しむための基本、それはブル。ではそのブルを狙うためのスローイングに、基本的な考え方はあるのだろうか。
「ブルは一番投げ慣れているところ。だから意識しないで投げるようにしています」と江口祐司選手は言う。
「あまり狙いすぎるとフォームが硬くなっちゃうので。もちろん意識しないでできるようになるまで、繰り返し練習することは必要です」

 まっすぐなラインを作ること、ダーツにしっかり力を伝えることが基本だ。
「肩からひじとひじから手首、2本の軸を作って、ボードに対してまっすぐになるよう意識してスローします。そうすることで、イメージがつかみやすくなると思います。テイクバックは軸を意識してまっすぐに。そこからひじを上に跳ね上げることで、たまった力を解放するイメージです。手首で投げるのではなく、ひじを上げることを動力とするんです。もちろん手首で力を伝える人もいるんですが、タイミングが毎回合っていないと同じスローが難しい。動かす部分はひじだけだと思っていれば、そこだけ意識すればいいから無駄がないんです」

 練習ではフォームの確認を重視すると言う江口選手。具体的にはどういう点を確認しているのだろうか。
「僕がよく気にするのはフィニッシュ、フォロースルーの形ですね。最後の腕が伸びた状態で、腕のどこにブルが見えているかを確認します。毎回同じところに見えていれば、腕の振りは同じままで。次に確認するのはダーツの飛んでいく角度です。あと重要なことは、指先を使わず腕全体でダーツを投げること。ダーツが勝手に飛んでいくイメージです」

 軸を意識するスローイング、意識せずできるまで投げ込んでいこう。

PROFILE プロフィール

江口祐司

DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER 江口祐司

若くして超ビッグトーナメントSUPER DARTSで優勝。以来、日本ダーツ界を代表するひとりに。人気・実力・実績を兼ね揃えたプレイヤーである。

DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER実力・人気・品性を兼ね揃え、ダーツ文化の発展に貢献します。

ダーツのコツ TOP

© DARTSLIVE Co., Ltd.