DARTSLIVE

日本

ログイン

Home > DARTSLIVE×AKB48 ダーツに挑戦!プロジェクト > プロジェクト レポート

REPORTDARTSLIVE×AKB48 ダーツに挑戦! プロジェクト レポート

Vol.4ソフトダーツU-22トーナメント・ダブルスチャンピオンに挑戦!

~チームAは勝利を掴むことができるのか!?~

ついにU-22チャンピオンと対決!チームAは勝利を掴むことができるのか!?

チーム対抗戦を勝ち抜き、AKB48の「ダーツ代表」となったチームA。レーティングが高い中西と武藤が選抜出場! いよいよ、U-22チャンピオンとの対決の日がやってきました!

U-22チャンピオンは、こじまこ推し!?

U-22トーナメントでダブルス優勝したのは、柿崎耀選手(21)・佐藤穣選手(18)! 2人がチャンピオンになって初めての試合が、AKB48との対戦となりました。
実は柿崎選手、ダーツ日本一を決める大会「SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN」にも出場しているプロダーツプレイヤー! そして佐藤選手は、なんとチームK・小嶋真子(こじまこ)推し! 大好きなこじまこに対面して、かなり緊張気味な様子。これはもしかすると、チームAにも勝機があるかも!?

501・STANDARD CRICKETのメドレーで勝負!ところが…

今回は、01ゲーム・STANDARD CRICKETのメドレーで対決! チームAカラーのピンク色のユニフォームで、いつも以上に気合が入る中西と武藤。他のメンバーたちも、応援席で見守ります。
いよいよゲーム開始! ところが…プレッシャーに弱い中西は、緊張のためかいつもの調子が出ない様子。武藤も必死に食らいつきますが、なかなかBULLに入れることが出来ません。一方、柿崎選手は余裕の表情でBULLを連発! 「緊張している」と言っていた佐藤選手も、試合が始まると真剣そのもの。調子を全く崩すことなく、淡々と点数を減らしていきます。ダーツを上達するには、やはり強靭な精神力も必要なのです! チャンピオンの容赦のない攻撃に、手も足も出ないチームAの2人。結果、2連敗という結果に…。

ハンデ戦で泣きの一回! 奇跡が起こる!?

「このままでは終われない!」と、泣きの一回をお願いする中西と武藤。そこで「左手で、スローラインより大きく一歩下がって投げる」という、かなり無茶なハンデを提案! しかしそれくらいハンデが無ければ勝負にならないほど、チャンピオンは強いのです。厳しすぎるハンデに、思い通りのダーツが出来ないチャンピオン。一方緊張がほぐれたのか、チームAは絶好調! 特に武藤はBULLを2連発でマーク。最後は残り54点という場面で、18トリプルに命中、0点ぴったりでフィニッシュ! ハンデ戦とはいえ、U-22チャンピオンを相手に、大きな一勝を獲得しました。

優勝メンバーサイン入りグッズ3名様にプレゼント!! Team A優勝記念プレゼントキャンペーン

INTERVIEWインタビュー

ソフトダーツ U-22 トーナメント 柿崎耀選手 佐藤穣選手
  • Q
    AKB48との対決、緊張しましたか?
    柿崎:
    緊張はしなかったです! 普段試合でも緊張しないほうなので。ただ、いつもの調子がでなくて…ちょっと焦りました。(笑)手加減なし本気で勝負しましたが、楽しくダーツが出来たので、とても良かったと思います。
    佐藤:
    僕は緊張していました。一緒にダーツが出来て、すごく楽しかったです。
    柿崎:
    ダーツの大会では、応援席から大きい声があがることがあまりないので、いつもと違う環境にはびっくりしました(笑)
  • Q
    U-22トーナメントを勝ち上がる中で、AKB48との対決のことは意識していましたか?
    佐藤:
    この対決のために、必死にトーナメントを勝ちあがりました(笑)
    柿崎:
    佐藤くんが小嶋真子(こじまこ)さんの大ファンなので、どうしてもこの対決をさせてあげたくて、僕も頑張りました(笑)
    佐藤:
    夢が叶いました! すごく嬉しかったです!!
  • Q
    AKB48メンバーは3ヶ月前に初めてダーツを始めたばかりですが、戦ってみてどうでしたか?
    佐藤:
    想像していたよりずっと上手だなと思いました。ちょっとびっくりしました!
    柿崎:
    3ヶ月であんなにBULLに入れられるって、結構すごいことだと思いました。いっぱい練習したんですね。
    佐藤:
    すごく上手だったので、これからもダーツを続けてもらいたいです!
Copyright ©AKS / © DARTSLIVE All rights reservied.

TOP