DARTSLIVE

日本

ログイン

COLUMN

 width=

 シンガポールの「CC1K」GRAND FINALで国内の強豪を抑え、SUPER DARTS 2020への出場権を獲得したハリス・リム。2017年は、THE WORLDで自己最高位となる年間ポイントランキング5位にランクイン。さらにハードダーツ最高峰の舞台「PDC ワールド・カップ・オブ・ダーツ 2017」には、ポール・リムとペアで出場。優勝候補のスコットランド代表を降すなど、好調ぶりが目立つ一年となった。このまま上昇気流に乗り、世界最強への階段を一気に駆け上がるのか。

THE WORLDの激闘で培った大きな自信

 width=

 ダーツ歴20年以上というリムだが、ソフトダーツを始めたのは約6年前。

「ソフトダーツとの出会いは、シンガポールでDARTSLIVEサービスが始まったのがきっかけ。それまでハードダーツをプレイしていたけど、ソフトダーツは一試合のレグ数が少なく、短期決戦だから勝つのが難しいと感じたね。それに上手い選手がとにかく多い。だからこそ、負けたくない気持ちから夢中になったんだ」

 THE WORLDへは、開幕年の2011年から毎年参戦。世界各国の強豪が集まる舞台での激闘は、リムに大きな自信を植え付けていった。

「強いプレイヤーと対等に戦える今の自分のレベルや戦い方については、とても満足しているんだ。どんな試合でも必ず相手に勝つ準備を整えて臨んでいるので、対戦相手が誰であれ、私に勝つためには相当な覚悟が必要だと思うよ」

努力と情熱と信念で頂点を掴む

 width=

「誰もが憧れるSUPER DARTSに特別枠からのプレイヤーではなく、実力で出場権を獲得して参戦することは、私にとって非常に意味があることなんだ。そして何よりも、ここでソフトダーツを代表する最高の選手たちと戦えることが本当に楽しみだね」

 そう心を弾ませながら話すリムは、続けざまにSUPER DARTSへの意気込みを語る。

「一番重要なことは、自分自身が最高のプレイを発揮すること。そのためには、努力と情熱と信念が大切なんだ。シンガポールの旗を高く掲げられるように全力を尽くすので、皆さん応援をよろしくお願いします」

  • SUPER DARTS 2017 ランキング

TOP