DARTSLIVE

日本

ログイン

COLUMN

 width=

 2014年、2015年と2年連続でTHE WORLDの年間チャンピオンを獲得。圧倒的な強さから、世界最強のプレイヤーとして世界に名を響き渡らせたボリス・カリチュマー。2017年は年間ランキング4位にランクインを果たし、SUPER DARTS 2020へ出場を決めた。しかしながら、2017年は一度も優勝はなし。もはや限界に達している“優勝へのフラストレーション”は、SUPER DARTSで爆発しそうだ。

自分のペースを貫くプレイスタイル

 width=

 約12年前、友達とよく行くバーで初めてソフトダーツと出会い、プレイし始めたというカリチュマー。その前は、他のスポーツに夢中になっていた時期もあるそうだ。

「最初にボクシングを始め、その後はムエタイをしていたよ。ムエタイは、クロアチアのトーナメントで2位になったこともあるんだ。ダーツだけに専念しようと思ったのは2009年。Soft Tip IDF World Championshipという世界大会で優勝したのがきっかけさ」

 どんな大舞台でも、自分のダーツを貫く持ち前の集中力の高さとメンタルの強さは、ムエタイをはじめとする格闘技で培ったものなのかもしれない。カリチュマー自身は、自分のプレイスタイルをどう見ているのだろうか。

「せっかちで、物事を早く進める癖があるんだ。それはダーツのプレイにも現れていて、経験から二手、三手先を読んで、どんどん自分のペースで投げていく。それが私のプレイスタイルなんだ。相手の結果に合わせて、細かく戦略を練るようなことはしないよ」

念願のSUPER DARTS制覇に向けて

 width=

 初出場となったSUPER DARTS 2015では準優勝。続く2017はまさかの1回戦で敗退と、過去2度に渡って最強の座を逃しているカリチュマー。それだけに今大会にかける想いは熱い。

「これまで世界タイトルを6度獲得してきたけど、出場したビッグトーナメントで唯一、SUPER DARTSだけはタイトルを逃しているんだ。だからこそ今回出場が決まったときは嬉しかったし、今も興奮しているよ。とくに前回は初戦敗退という苦い思いを経験しているからね。しっかり集中して運も味方につけ、3月15日と16日が私の日になるように頑張るよ」

 そしてカリチュマーは最後に、ファンにメッセージを残す。

「SUPER DARTSは、回を重ねるごとにレベルが上がってきているので、今回はさらに厳しい戦いが待っているはず。しかし対戦相手が誰であれ、全員を倒すつもりでベストを尽くすので、みなさん応援をお願いします。

  • SUPER DARTS 2017 ランキング

TOP