DARTSLIVE

日本

ログイン

COLUMN

 width=

 JAPAN 2017 年間ランキング3位ながら、SUPER DARTS 2018への出場を果たすことになった榎股慎吾。2017シーズンは優勝を逃し続けた一年となったものの、それでも3位にランクイン。この結果こそが、安定した強さを物語っている。また、2015年から3年連続で国内プロツアーJAPAN開幕戦で決勝戦進出を果たしている榎股。春先の大会ではその強さに一層磨きがかかるだけに、SUPER DARTSでも活躍が期待できそうだ。

2回戦敗退の悔しさをバネに優勝を目指す

 width=

 過去にSUPER DARTS 2011に出場した榎股は、初戦でSUPER DARTS初代王者である江口祐司を破る大金星を挙げるも、QUARTER FINAL MATCHで谷内太郎に敗れて敗退。そのときの悔しさは今も忘れられないという。

「自分がSUPER DARTSという舞台に立てるとは思っていなかったので、すごく緊張していたのを覚えています。そんななかで、なんとか江口選手に勝てたものの、谷内選手には勝つことができず。あの一戦は、負けたことよりも、緊張から自分の力を出し切れなかった悔しさの方が大きいですね。初戦で江口選手に勝って勢いに乗ったはずだったのに、その勢いを自分自身で落としてしまった感じで」

 過去を振り返りながら、榎股は自身2度目となる挑戦に意欲を燃やす。

「同じ想いをしないように、今度はしっかり心の準備も整え、常に全力を出していこうと思います。以前よりも大舞台慣れはしているので、自信はあるんです。あとは当日までにどれだけスキルが上がるかわかりませんが、練習あるのみ。出場するからには、全員を倒して優勝! そんな覚悟で挑みます」

世界制覇の第一歩は“靴磨き”

 width=

「自分で強運の持ち主だと思っている」と語る榎股。その言葉通り、今回はJAPAN 2017年間ランキングで1位の荏隈秀一と、2位の村松治樹がすでに出場権を獲得していたことから出場を決めた。7年ぶりのSUPER DARTS出場に向けて、どんな心境なのだろうか。

「今回は以前のようなプレッシャーは感じていませんね。むしろフィル・テイラーをはじめ、ポール・リムやハリス・リムといった世界屈指のプレイヤーたちと同じ舞台に立てることでワクワクしているんですよ。今回SUPER DARTSに出場できたのも、強運のおかげだと思っていますし、試合中も“負けた”と思った瞬間に、チャンスが回ってくることも多いので。だからこそ、しっかり運を味方につけて勝っていきたいですね。そのためにも欠かせないのが靴磨きです(笑)。僕のジンクスなんですけど、試合前は気を引き締めるために、必ず靴を磨くようにしています。これさえ忘れなければ、SUPER DARTSでも良い結果を残せると思いますよ」

そう笑顔で話す榎股。持ち前の安定した強さと強運がシンクロするとき、榎股の快進撃が幕を開ける。

  • SUPER DARTS 2017 ランキング

開催日

2018 31516(木・金) マイナビBLITZ赤坂

COUNTDOWN For SUPER DARTS 2018

TOP