DARTSLIVE

Malaysia

Login

Top > DARTSLIVE OPEN 2018 MALAYSIA

ルール

ラウンドロビン

ロビンの順位決定方法は以下の通りです。

  1. a.勝ちMATCH数
  2. b.負けMATCH数
  3. c.勝ちLEG数
  4. d.負けLEG数
  5. e.該当チームによる直接対決の結果
  6. ※(a) - (e) がすべて同点のチームが、3チーム以上並んだ場合、該当チームによるCOUNT-UPを実施し、COUNT-UPの勝者を決勝トーナメント進出とします。

マッチカード

  • 予選ラウンドロビンの各試合で、各LEGの結果およびゲームスタッツを必ず記入してください。
  • ※記入がない場合、失格になる場合があります。
  • 各試合が終了次第、コントロールまでマッチカードをお持ちください。

ゲームルール

  1. 1.ラウンドリミット
    • 301: 10 ラウンド
    • 501: 15 ラウンド
    • 701: 15 ラウンド
    • Cricket: 15 ラウンド(GRANDMASTERは20ラウンドとなります)
  2. 2.先攻および後攻について
    • ゲームの先攻および後攻は、コークにて決定します。
    • コークの先攻は、DARTSLIVE2のコイントス機能で決定します。
    • コーク勝負は、センタービットに近い位置に投げたプレイヤーが先攻および後攻を選ぶことができます。
    • コーク先攻のプレイヤーのダーツがセンタービットに刺さった場合、後攻のプレイヤーはその位置の確認を行った上で、先に刺さったダーツを抜き、コークを行うことができます。
    • コークの勝者が第1レグで先攻もしくは後攻が選べます。
    • 2レグ目からは負け先攻となります。
    • 最終レグがCHOICEの場合、再度コークを行います。コークの勝者が先攻もしくはゲームの種類を決めます。最終レグが01の場合、コークの勝者は「先攻」が選べます。

サンドバッキング

  • 試合時のスタッツがエントリー時に登録したレーティングを著しく超えた場合、当該選手は出場資格剥奪となります。
  • サンドバッギングルールは全項目のラウンドロビン及び本戦に適用します。
  • 選手はレグごとにマッチカードにスタッツを記入しなければなりません。

誤反応が生じた際の処置について

  • ダーツを投じてダーツボードにダーツが刺さっている状態でマシンが誤反応を示した場合、レフェリーを呼び、「Reverse-A-Round」で該当する誤反応のスコアを戻しダーツが刺さっている箇所をレフェリーが押して点数を修正するものとします。この機能はレフェリー以外には使えないものとします。選手同士の合意があれば、この限りではありません。
  • 誤反応が生じた場合において、ボードに刺さっているダーツを抜き、ラウンドを送ったうえで対戦相手がスローを行ってしまった場合はスコアの修正はできないものとします。
  • 停電等の事故によりゲームを中断、また再開しなければならない時は、プレイヤーの合意のもと大会スタッフがゲームの復元を行います。もしも復元が不可能である場合、そのLEGをリセットして再度ゲームを行うものとします。

ドレスコード

  • 選手は節度のある服装で競技を行います。
  • 選手は清潔で整った服装で出場します。
  • 男性の短パン、バミューダパンツの着用は禁止となります。
  • 袖のあるシャツを着用しなければなりません。
  • シャツの裾の切れたものやほつれたものは着用できません。
  • トーナメントの室内では常に靴を履かなければなりません。
  • トーナメント会場でスタッフのシャツに類似したシャツの着用は禁止となります。
ドレス・コード違反に対するペナルティー
不適切な服装の選手には15分の猶予が1度与えられます。この間に適切な服装に着替えてください。猶予は一度とし、その後の違反は出場権のはく奪となります。

※会場への飲食物の持ち込みは禁止となります。
※上記記載以外のことが起こった場合は、大会運営事務局の判断の基、運営するものとします。
※上記に記載がないルールについては、WSDAルールに準じます。
ページトップ