ゲームのルールを知ろう

CRICKET
ダーツに慣れてきたら挑戦したいのがCRICKET(クリケット)。
少しルールがややこしいですが、覚えてしまえば簡単!駆け引きが奥深いCRICKETを楽しみましょう。
COUNT-UPのルールを分かりやすく解説! どんなゲーム? COUNT-UPのルールを分かりやすく解説! どんなゲーム?

ここを狙おう!
使うナンバーは15・16・17・18・19・20・ブル。
それ以外のエリアに入っても得点になりません。
ここを狙おう!
オープン
有効な同一エリアに3回ヒットさせると、そのエリアは自分の陣地になります。
このことをオープンといいます。
クリケットマークの意味 クリケットマークの意味
先輩 先輩

例えば、この場合20のエリアに3本ダーツが刺さっているので20は自分の陣地になるよ!

オープン
先輩 先輩

トリプルにヒットすれば3マークに、ダブルにヒットすると2マークに相当するよ。

オープン
後輩 後輩

トリプルってお得!
つまり3投全部が各エリアのトリプルに入ったら、一気に3つのエリアが自分の陣地になるってことか!

3マークさせて、エリアをオープンしたら次のヒットから得点を獲得できます。 3マークさせて、エリアをオープンしたら次のヒットから得点を獲得できます。
後輩 後輩

自分の陣地にしてから、やっと得点が入るんだね!

クローズ
後輩 後輩

オープンさせたら得点を稼ぎまくればいいんだよね!?

先輩 先輩

オープンしたエリアはずっと有効ではないんだよ。

自分がオープンしたエリアを相手が3マークさせると、そのエリアは点数の入らない「無効エリア」になります。これをクローズといいます。
後輩 後輩

クローズされる前にどれだけスコアを稼ぐかが重要だね。

先輩 先輩

自分の陣地にどんどん点数を入れて稼ぐか、相手の陣地を無効にさせるかはあなたの戦略しだい!
そこがCRICKETの駆け引きの楽しさだよ。

       
勝利の条件
  • 得点が勝っている状態ですべてのエリアをクローズ or ラウンド終了時に得点の高いプレイヤーが勝ち。

ラウンドがあるうちはオープンしていないエリアがある限り大逆転できるのも、CRICKETの醍醐味です。

まとめ まとめ
  • 使うナンバーは15・16・17・18・19・20・ブル。
  • ダーツを3回ヒットさせると自分の陣地になる。(オープン)
  • オープンした自分のエリアにダーツがヒットすると得点となる。
  • 相手がオープンしたエリアに3回ヒットさせると無効にすることができる。(クローズ)
  • 得点が勝っている状態ですべてのエリアをクローズ or ラウンド終了時に得点の高いプレイヤーが勝ち。
基本はブル狙い!
基本はブル狙い!
CRICKETのブルは、インブル(ブルの中心)がダブルになっています。
19-7-16のエリアを狙おう!
19-7-16のエリアを狙おう!
3本違う場所にヒットさせるのは難易度が高いので、まずは3本同じ場所を狙ってみましょう。
COUNT-UP
得点を積み重ねよう
01
持ち点を減らしてピッタリ0を狙おう