ゲームのルールを知ろう

01
ダーツの定番ゲーム01(ゼロワン)。
ダーツの試合でも必ずと言っていいほど使われているメジャーな対戦ゲームです。
01は種類が豊富! ゲームの種類 01は種類が豊富! ゲームの種類

「301、501、701、901、1101、1501」と 種類が豊富!
末尾がすべて”01”であることから「ゼロワン」と呼ばれています。
先輩 先輩

初心者は301や501がおすすめ!

01のルールを分かりやすく解説! どんなゲーム? 01のルールを分かりやすく解説! どんなゲーム?

全員同じ持ち点を持ってスタート!
「301」なら301点からスタート…というように、選んだ01の種類によってスタート時の持ち点が変わります。
ヒットさせた得点が、持ち点から減っていき、持ち点をピッタリ0にするとフィニッシュ!
先にフィニッシュしたプレイヤーの勝利です。
先輩 先輩

ピッタリ0、というのが勝利の条件だよ。
例えば残りの持ち点が「12」だったときは、12のシングル、6のダブル、4のトリプルのどれかにヒットすればフィニッシュ!

01のルールを分かりやすく解説! どんなゲーム?
後輩 後輩

もし残り12点で、50点のブルに入っちゃったらどうな
るの?その時点で負け?

先輩 先輩

それだけで負けにはならないよ。でもそのラウンドは「BUST(バースト)」といって無効になるんだ。
次のラウンドも12点からスタートとなるよ。

BUST(バースト)
残りの持ち数をピッタリ0にできず、マイナスになってしまうことをBUSTといいます。
BUSTしてしまった場合は、3投していなくても交代となり、持ち点はラウンド開始時に戻ります。
まとめ まとめ
  • 01は301、501、701、901、1101、1501の全6種類。
  • 持ち点を先にピッタリ0にしたプレイヤーの勝ち。
  • 持ち点より高いスコアをヒットさせてしまうとBUSTとなる。
光ったらチャンス!
光ったらチャンス!
フィニッシュできる持ち点までスコアを減らすと次のヒットでフィニッシュとなるエリアが他とは別カラーに光るので、初心者はそれをヒントにしてみるといいかも!
残り32はフィニッシュしやすい
残り32はフィニッシュしやすい
8と16が隣り合うナンバー。16のダブルを狙い、外れて16のシングルや8のシングル、ダブルに入っても、次でフォローしやすいです。
COUNT-UP
得点を積み重ねよう
CRICKET
陣取りゲームで駆け引きを楽しもう