家庭用ダーツボードの新定番「ダーツライブホーム」のスゴイところを聞いてみた! その3

家庭用ダーツボードの新定番「ダーツライブホーム」のスゴイところを聞いてみた! その3

自宅でみっちり練習に励んだり、フードやドリンクを用意して家族や友人とプレイしたり、さらにはオンライン対戦を通じて全国各地はもちろん、海外のユーザーとのコミュニケーションを楽しんだりと、時間を持て余しがちなおうち時間を充実したものに変えてくれる「ダーツライブホーム」。
最近では、自宅に居ながらもプロの選手や特別ゲストと対戦できるオンラインイベント「おうちでダーツ」が実現。今までにないおうちでの楽しみ方が話題となりました。
「開発スタッフに聞くスゴイところ」 第3弾となる今回は、プロダクト開発担当のFとアプリ企画のイシイちゃん、そしてホームPを直撃! そんなオンラインイベントの今後をはじめ、もっともっとダーツライブホームを楽しむためのポイントを聞いてみました。


── ダーツスポットではすっかりお馴染みとなったプロ選手との対戦イベントが、11月にダーツライブホームでも開催されましたが反響はいかがでしたか。

[ホームP] 大変好評でした。これまでもダーツスポットでプロと対戦するようなイベントはありましたが、普段なかなかスポットに行けない方でも気軽に参加できるようになったのは大きいですね。

[イシイちゃん] 大変たくさんの方にご参加いただき、楽しんでいただくことができました。予想以上の反響でマッチングに時間がかかってしまったので、次回からはもっとスムーズに楽しめるように修正したいと考えています。

── つまり同じようなイベントが「次回もある」ということですね。

[イシイちゃん] あっ(笑)! 次回の実施日は公表できませんが、今後も開催していきます。参加方法やルールについては変更する可能性もありますが、続報を楽しみにしてください。

── 「おうちでダーツ」とは違ったイベントも予定しているのでしょうか。

[ホームP] 家庭用という環境にマッチした取り組みはしていきたいと考えています。オンラインのランキングなんかも検討していて、全ての皆さんが楽しめる形式を提供したいですね。

[F] いちユーザーとしては、都道府県対抗戦的なイベントを開催してほしいですね。オンラインの対戦結果からどの地域のユーザーが強いのかを決めたりすると面白いかもしれません。

[イシイちゃん] 面白そうですね。せっかくのオンライン環境なのだから、個人間で楽しむのではなく、コミュニケーションの輪を広げながら夢中になれるイベントが理想的ですよね。

[ホームP] そうですね。イベントだけに留まらず、今後はコミュニティやコミュニケーションを見据えたコンテンツ作りをしていく方向性です。「コミュニケーション(コミュニティ性)」は、もともとダーツがもつ魅力なので、家庭用だけでなく、全てのダーツライブユーザーが遊べるようなものに昇華できるよう、コンテンツを組み上げていきたいですね。

── 「ダーツライブホーム」と「ダーツライブ 3」の連携もより強化されていく感じでしょうか。

[ホームP] 現在はアワードムービーやライブエフェクトといったデジタルコンテンツと交換できる「マイル」、そしてマイルを獲得するための「ミッション」が連携して楽しめる要素となっていますが、もっと連動を楽しめる機能や仕組みを現在製作中です。

[イシイちゃん] リクエストを多数いただいているテーマやアワードのカスタマイズ機能についても、今後のアップデートで対応することを検討しています。

── ちなみにマイルストアで交換できるデジタルコンテンツについて、最近では TVアニメ『東京リベンジャーズ』 や 「ソニック30周年記念」 などのキャンペーンなどがありましが、今後もコラボ企画などが予定されているのでしょうか。

[ホームP] 具体的には言えないのですが、今後もマイルストアでのコラボは予定しています。また、マイル自体の仕組みはさらに拡張していく予定で、交換できるものを増やしていくのはもちろん、全く違った使い方をする要素も検討しているんですよ。より皆さんがマイル集めに熱中できる、そんなアップデートを考えているのでご期待ください!

── 「ダーツライブホーム」でできることが今以上に増えると、より多くのユーザーが自宅でダーツを楽しむようになると思います。その際、気を付けたほうが良い点や、おうちダーツならではのマナーがあれば教えてください。

[F] 止め時を見失っちゃうほど楽しいので熱中する気持ちはわかりますが、夜中に大声を出したり、オンライン対戦で負けて悪態ついたり、マナーには注意して欲しいですね。

[イシイちゃん] ライブマッチは対戦相手がいないと成立しないゲームですから、対戦相手への敬意を欠くような行為は止めていただきたいですね。相手をあおったり、負けそうになって回線を切ったり、公序良俗に反するアイコン画像の設定するのもNGだと思います。

[ホームP] ダーツはスポーツでもありますからね、挨拶で始まり挨拶で終わる。相手を重んじることを忘れないでほしいです。カメラを ON にするとよりユーザー同士のコミュニケーションも取りやすくなり、深く楽しめる環境にできると思います(プライバシーの問題もあるのでカメラOFF でも全然問題はありませんよ〜)

── 最後となりますが、皆さんが考えるダーツの魅力をお聞かせください!

[イシイちゃん] ダーツは小スペースで遊べるので、手軽に始められて、なおかつ上達を実感しやすいスポーツだと思います。ダーツのコミュニティーは非常に活発なので、すぐに共通の趣味の友人を作れるのも魅力的ですね。また、ダーツスポットに行くと憧れの選手と対戦する機会もあったり、他のスポーツよりもプロ選手との距離が近いこともダーツを取り巻く環境の良い所だと思います。

[ホームP] 自分のサービス構築の原点にある「コミュニティ性」が大きな魅力です。はじめて会う人同士が一瞬で仲良くなる光景は、他の文化ではなかなか見られません。個人的な感想になってしまいますが、このコミュニティ性は一度体験すると、なかなか抜け出しにくくなるほどの中毒性もあります(笑)。

[F] 体力を求められるスポーツではないので、老若男女問わず楽しめるのがダーツの魅力だと思います。真剣勝負を挑んだり、仲間とワイワイ盛り上がったり、とても奥が深く楽しみ要素満載のスポーツなので、「ダーツライブホーム」との出会いをきっかけに、ひとりでも多くの人に触れていただき、楽しんでもらえたら嬉しいですね


ウィズコロナとも称される新たな時代に差し掛かった今、ダーツというスポーツでおうち時間をより充実したものにし、さらに自宅に居ながらも人との繋がりを感じられる「ダーツライブホーム」の存在は、すごく貴重なのかもしれません。

全3回に分けてご紹介してきた「開発スタッフに聞くダーツライブホームのスゴイところ」、いかがでしたか? 最近はすっかり寒さも厳しくなり、ついつい巣ごもりしたくなってしまう……そんなときにあると嬉しい「ダーツライブホーム」。 これからダーツを始めようと思っている方も、すでにバリバリのダーツプレイヤーだという方も、ダーツライブホームの世界に足を踏み入れ、ぜひともハッピーなおうち時間を過ごしてください!

ダーツライブホーム公式ウェブサイトはこちら

最新記事