ダーツの軌道が安定すれば、レーティングアップ間違いなし!- 勝見翔

ダーツの軌道が安定すれば、レーティングアップ間違いなし!- 勝見翔

2017年度 勝見翔選手のスローイングをチェック

腕をしっかり振って投げる。それが僕の答え

「初心者のころは、投げた後にダーツがバタバタと暴れてしまい、ボードに刺さらないことが多かったんです。試合中はほぼ毎ラウンド、床に落ちたダーツを拾っていましたね(笑)」
そうダーツを始めたころを振り返るのは勝見翔選手。ダーツのバタつきが原因で成績が上がらず、頭を悩ませていた時期もあったと話す。
「悩んだ結果、ダーツの軌道が安定すればバタつかずに飛んでいくことがわかりました。そのためには腕をしっかり振り、ダーツに力を伝えることが大事だったんです。きれいに弧を描くことだけを考えて投げていても、なかなかうまくいくものではありません。それよりも、3本ともきちんと腕を振って投げる。それだけに集中して練習を重ねていくうちに、自然と理想どおりの軌道を描いて飛ぶようになりました」

同じ的を狙い続ければ理想的な軌道が見えてくる

「体格やその人のフォームによっても変わりますが、僕が理想とするダーツの軌道は、山なりになり過ぎず、スピードに乗って緩やかに弧を描いて飛んでいく感じです」
山なりが大きいほど、力の強弱によって軌道が変化しやすくなる。つまり狙いが安定しなくなるというのが勝見選手の持論。では、理想的な軌道を描くには、どんな練習から始めればいいのだろうか。
「最初は的を狙うことに集中した方がいいと思います。フォームが固まってくれば軌道も自然と良くなるものです。気をつけてほしいのは、ひとつのナンバーを集中して練習すること。同じナンバーを投げていれば自分の軌道の変化に気づきやすいですからね。力の強弱で変化するさまざまな軌道を目にしていれば、自分の理想的な軌道がわかってきますよ」

勝見翔 DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER

SUPER DARTS 2010優勝、プロツアーJAPAN 2012年度の年間ランキング1位など華々しい経歴を持つ現役トッププレイヤー。一投一投に気合を込めた、熱いプレイがファンを魅了する。