まよんぬの I♡Darts Vol.2 「誰だって最初は初心者!」

まよんぬの I♡Darts Vol.2 「誰だって最初は初心者!」

こんにちは!

月日が経つのはあっという間で、DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER の【まよんぬ】こと、森田真結子、第2回目のコラムでございます。

前回は自己紹介と始球式の模様をお伝えしましたが、今回はダーツ初心者の方が読む『GOOD DARTS』のコラムらしく、私が初めてダーツに触れた頃のお話をしたいと思います♪

 

まずは、こちらのマンガを見てください( ˙꒳​˙ )

 

 

あぁ〜わかるわかる!!
私も初めてダーツを投げる前は、

「あんな的に向かって投げるの、難しそう‥」
「ダーツが的まで届かなかったらどうしよう‥」
「変なところに当たって、マシンやダーツを壊しちゃったりしないだろうか‥」
「周りの人は上手に投げてるのに、刺さらなかったら恥ずかしい‥」

だなんて、ありとあらゆる不安を抱いていました。笑
特にスポーツ経験が無い女性なんかは、『物を狙ったところに投げる』ということに抵抗があって、、不安になる方も多いと思います。

 

その気持ち、めちゃくちゃわかる。

 

なぜなら、私、今でこそプロダーツプレイヤーとして試合に出て、入賞したり、初心者の方や子ども達にダーツを教えることもありますが、

初めのうちは、届かないっていう先入観から、なんと、
ジャンプしながらダーツ投げていました‥笑
そんな19歳のまよんぬがこちら‥

(なぜ猫耳を付けているんだろう‥)

 
でも、ダーツって意外と力も要らないしコツを掴めばだんだんと狙えるようになってきます!
もちろん、ジャンプしないで投げた方が上達も早いし、危険なので真似はしないように‥
はじめから上手な人なんていないから、『狙った所に刺す』ことよりも
この漫画にあるように
まず、やってみる!ていうことをして欲しいなぁと思います。
もちろん、初めはハウスダーツ(お店で無料でレンタル出来るダーツ)で大丈夫!

 

利き手と同じ側の足をスローラインに置き、思い切って投げてみましょう!
刺さらなかったり、跳ね返ってきても大丈夫。
はじめは3本、的に刺さるだけで上出来!!

 

3本安定して的に刺さるようになったら、
3本ともトリプルラインより内側になる様に練習してみましょう。

 

それが出来るようになったら、
ダーツボードの上側だけ・下側だけ・左右を狙う練習。

 

ほら、だんだんと狙った所にダーツが刺さりそうなイメージ、湧いてきませんか?

 

こうやって何度か投げているうちに
ズキューン!なんて的のど真ん中に入った時には大興奮です!
あぁ、またあの音が聞きたい‥
一本じゃなく、二本入ったらかっこいいなぁ‥
三本ともブルに入ったらめちゃくちゃ気持ちいいんだろうなぁ‥

 

なんて考え出したら、ダーツ好きの出来上がりです!笑
2.44メートル先にいる、173センチの彼(ブル)は、なかなか振り向いてはくれないけど、追いかける恋って、楽しいものですよ^^

 

 

今回ダーツの漫画を描いてくれたのは星島ジュンさん!
自身のSNSでも漫画に登場した女の子三人組がダーツを投げてます!ぜひチェックしてね♪

 

漫画家  星島ジュン
エッセイ漫画を中心に活動している漫画家。ウェブ漫画にて連載多数あり。

Twitterやインスタでたまにダーツ漫画・レポを更新中。

 

▶森田真結子(まよんぬ)
公式HP
Twitter 
Instagram