どこよりもやさしい!ダーツのルール ゼロワン編

スタンダードクリケットに並ぶ、ダーツの定番ゲーム「ゼロワン」。ゼロワンも、クリケット同様にダーツの試合でも必ずと言っていいほど使われるメジャーな対戦ゲームです。 

クリケットと比べてルールを把握しやすく狙うべきナンバーも分かりやすいので、初心者でも楽しめるゲームとして人気です。 

 

この記事の登場人物

ダーツマシンの姿をした不思議な生き物。海外旅行や有名人が大好きなミーハー気質。ダーツマシンなのに、ダーツの知識はあまりない模様。

ダーツマシンの姿をしつつ、おしゃれにリボンも身につけちゃう女の子。ダーツの知識が豊富で、ライブくんにいつもダーツについて教えてあげるしっかり者。

 

クリケットもそうだったけど「ゼロワン」もよく聞くなぁ。なんとなくルールは知っているんだけど、実は細かいところが分からなくってさ!つい知ったかぶりをしちゃうんだよね。 !

あらあら。初心者さんは、誰かに聞こうとしてもその質問が出てこないこともあるわよね。でも大丈夫!これから、ゼロワンのルールをばっちりお伝えするわ。  

 

ゼロワンの基本ルール

 

ゼロワンは、301・501・701・1101・1501の全部で5種類のゲームがあります。
どれも末尾が「01」であることから、「ゼロワン」と呼ばれています。 

 

全員同じ持ち点を持ってスタート!「301」なら301点からスタート…というように、選んだゼロワンの種類によってスタート時の持ち点が変わります。 

ヒットさせたスコア分が持ち点から減っていき、持ち点をピッタリ0にするとフィニッシュ!先にフィニッシュしたプレイヤーの勝利です。 

 

スタート時の持ち点が高ければ高いほど、プレイヤーはたくさんスコアを入れないと0にならないわ。だから初心者さんには301や501がオススメよ。 

そっか!ダーツは1ラウンドで最高180点(トリプル20×3)、ハットトリックでも150点だもんね。 

そう。慣れてきて、フィニッシュができるようになったら一段階ずつ上げていくのがいいかも知れないわね。 

★ダーツボードの色が変わったらチャンス

DARTSLIVEなら、フィニッシュできる持ち点までスコアを減らすと次のヒットでフィニッシュとなるエリアが他とは別カラーに光るので、初心者さんはそれをヒントにしてみるといいかも! 

 

バーストを知ろう

ライブくん、たとえば残り30点のときにブルに入れたらどうなるか分かる? 

ええと…、確かゼロワンはピッタリ0にしないとダメだったから負けになっちゃう? 

それだけでは負けにならないわ。でも、そのラウンドは「バースト」といって無効になるの。 

残りの持ち点以上にスコアをヒットすると、持ち点が0を通り越してマイナスになってしまうことがあります。ゼロワンでは、これを「バースト」と呼び、そのラウンドが無効になります。 

 

たとえばコレ。持ち点が残り30点の状態。 

このとき、50点のブルに1本入れてしまうと・・・ 

バーストして、次のラウンドもまた持ち点30点からのスタートとなるわ。 

 

マスターアウトって?

 

ゲームに慣れてきたら、オプションをつけてみましょう。ゼロワンで、ポピュラーなオプションはフィニッシュするときにダブルorトリプルでないと無効になる「マスターアウト」です。マスターアウトは、ちょっとしたトーナメントや本格的な大会でも使われるオプションです。 

 

15のダブルにヒットすれば見事フィニッシュ!10のトリプルでももちろんOKです。 

 

15のシングルへの2本ではフィニッシュにならないんだね。 

その通り。シングルでフィニッシュしてしまうと、バースト扱いになってしまのよ。 

他にも、上級者にはダブルへヒットしないとゲームがスタートしない(持ち点が減り始めない)「ダブルイン」というオプションも人気です。 

 

まとめ

☑ゼロワンは301、501、701、10101、1501の全5種類。 

☑ゼロワンは持ち点を先にピッタリ0にしたプレイヤーの勝ち! 

☑持ち点以上のスコアをヒットさせてしまうと「バースト」

 

初心者は、まずはブルを狙ってどんどん持ち点を減らすことを目指せばいいね! 

そうね。持ち点を減らしていって、フィニッシュ圏内に入ったら自分がフィニッシュしやすい持ち点になるように調整したり工夫できるのも、ゼロワンの醍醐味といえるわ。 

 

ゼロワンをやってみよう

DARTSLIVE2ではゲーム選択画面でP1をプッシュ! 

 

DARTSLIVE3ではTOPにある01 GAMESをタッチ!

 

 

1人で練習するのにも対戦にもバッチリなゼロワン、みんなもエンジョイしてね~! 

 

 

どこよりもやさしい!ダーツのルール ~スタンダードクリケット 編 ~

ソフトダーツの王道ゲーム「スタンダードクリケット」のルールをやさしく説明しています。