【世界のダーツ美女】ミスマレーシアに直撃!

【世界のダーツ美女】ミスマレーシアに直撃!

みなさん、こんにちは!GOOD DARTS編集部です。

前回大好評だった世界のダーツ美女企画‼ 今回は第2弾としてマレーシアのダーツ女子、パトリシア・ファンさんを特集しちゃいます♡ パトリシアさんは、なんと、ミスマレーシア・ビューティークイーンを受賞しているほどの美の持ち主! そんな彼女に、マレーシアのダーツ事情、尊敬する選手のことなどたくさん聞いてみました。

 


パトリシアさんにインタビュー!

 

まずはパトリシアさんのプロフィールを教えて!

みなさん、こんにちは!マレーシア出身のパトリシア・ファンよ。ニックネームはパト♡ みんなもパトって呼んでね。 Monster Barrel Japanからスポンサードされてるの。

 

パトリシアさんの住むマレーシアってどんな国?

マレーシアは東南アジアにある常夏の国。四季はないけど台風や洪水がとっても多いの。
マレーシアは『多国籍国家』といわれてるんだけど、ざっくり分けると、マレー系・インド系・中国系の人種がいるわね。私たちマレーシア人はさまざまな人種や宗教が存在し合っているこの国をとても誇りに思っているわ。
あ、そうそう!忘れちゃいけないのがマレーシア料理! さまざまな文化がミックスされているから、マレーシア料理はとってもバラエティに富んでるの。あなたもきっと気に入ると思うわ!

 

 

マレーシアのダーツ事情を教えて!

ダーツがすごい流行ってるってわけじゃないかなぁ。でもダーツをプレイする人は急激に増えてると感じてるわ。リーグでは毎年新しい人を見るし、それに、マレーシアで開催されるダーツの大会はどんどん規模が大きくなってるしね。ダーツがメジャーなスポーツになりつつあって本当にうれしいわ!

 

パトリシアさんがダーツを始めたきっかけは?

ダーツをやりながらお酒を飲むのがとっても楽しかったの!(笑)
友達と飲みながらゲームで対決しているうちに「負けたくない!」っていう競争心が芽生えたのよ。それがきっかけで夢中にダーツをやるようになったの。今でも、DARTSLIVEのマシンから聞こえてきたあのブルに入った音とそのときの喜びを覚えてる! その体験からますますダーツにハマったって感じよ。

 

ダーツの一番の思い出は?

一番忘れられないのは、マレーシアで初めてA Flight Doubles Championになったこと!
あとは、マレーシアを代表して日本の大会に出場して準優勝したことかしら。その時の日本はちょうど冬で凍えるほど寒かったのを覚えてる! でも日本での大会は本当に素晴らしい体験で、私のダーツ人生の中でも一番思い出に残っていることのうちのひとつ。

 

ダーツの良いところは?

いっぱい友達ができること! 国際大会では、世界中からダーツ友達が集まってくることに喜びを感じているわ。大きい「ダーツ」というファミリーの一員になった気がするの。とっても幸せで温かい気持ちになれるわ!

 

 

好きなダーツのゲームは?

むしろ嫌いなゲームなんてないくらい全部好き。でもあえて言うなら、飲飲!-ヤムヤム-でしょ!

 

尊敬するダーツの選手は?

香港出身のキャシー・リョン選手。
SOFT DARTS WORLD CUPのような世界大会で活躍してる彼女を尊敬しているわ。私も同じように…いや、キャシーを越えられるプレイヤーになれたらいいな、と思ってるわ。

 

 

今年の目標は?

自分自身を再発見すること。
昔の私は、ダーツで闘う意欲や競争心のようなもので満ち溢れていたの。最近は、あまりそういう気持ちがなかったから、ダーツの練習をすることで気持ちを取り戻したいなって思ってる。近い将来、いろいろな国で開催されている世界大会に出場してみたいと思っているので、そのために頑張りたいと思ってるわ。ダーツの練習って自分のレーティングを上げるためだけじゃないわよね!

 

日本のダーツプレイヤーにひとことください!

日本のダーツプレイヤーは本当にプロ意識が高い! そしてフレンドリーだし尊敬もしてる。日本人のプレイヤーから学ぶことはとても多く、私自身もより成長していきたいと思ってるわ。

 

パトリシアさん、ありがとうございました!

 

とってもキュートで才色兼備なパトリシアさん。今後の活躍も楽しみにしています♡
パトリシアさんのInstagramはコチラ!ぜひチェックしてみてくださいね。